農のある暮らし!自然回帰の菜園生活!アグリライフ倶楽部は気軽に田舎暮らしが味わえる体験ファームを運営しています。

Something NEW

「簡単・旬野菜レシピ」 第二回「枝豆」 - 07月28日

1

こんにちは。野菜ソムリエ&フードコーディネーターの橋場朋美です。
とうとう梅雨も明けて夏本番!暑い中の収穫も大変ですよね。

今回の「簡単・旬レシピ」2回目のお野菜は「枝豆」です。
こちらのコラムの目的は「簡単に旬の野菜のレシピ」なので、なるべくファームで
採れたものをつかったレシピを掲載したいと思っています。

収穫したての野菜に囲まれているのにさらに買い物に行くなんて…辛いですもんね。

枝豆もとうもろこし同様、フレッシュな姿で食べられるのはこの時期のみ。
ご存知の方も多い方と思いますが
枝豆にビールというのはとても理にかなっているのですよ。

なんで枝豆とビールは相性が良いのでしょう?

枝豆に含まれているタンパク質は二日酔いの原因である
「アセトアルデヒド」を分解します。
またメチオニンがアルコール分解を助けるので肝臓の働きを軽減します。
これこそが枝豆は二日酔い予防に効果的だと言われる所以なのです。

枝豆は収穫後、自身の糖分の分解により栄養と風味の劣化がとても早いので
とうもろこし同様、帰宅後すぐに茹でてしまいましょう。

…とはいえ、疲れているのに自宅で土だらけの枝豆をハサミで
切り離す作業だけで「もう無理!家中土まみれ!」と泣きたくなった方も
いらっしゃるでしょう。そんな皆様の為に、友人と私が数年かけて気がついた
「枝豆をお手軽に持ち帰る方法」を伝授致します。

<手軽に持ち帰り…ファームでの裏技>

収穫時、枝ごとお持ち帰りをせずに畑で莢の状態にカットしてしまいます。
それも少し切り口を入れて!つまりもうバラバラ状態
さらに端っこもカット済みなのであとは帰宅後、茹でるだけの状態になります。
畑でカットすれば、枝葉はファームの有機肥料に。家で生ゴミを増やさなくてすむ。
そのまま洗って塩でこすって茹でるだけ!何と楽チンなことでしょう!
茹でるだけ…といってもこれまた大量。
食べ始めは美味しいけれど、だんだん味にも飽きてきたなあ…
そんな時のおすすめ!簡単に味に変化をつけるレシピをご紹介します。

食べながら作れる枝豆ペペロンチーノ

<材料>
・茹でた枝豆の莢から出した豆   一掴み(約1.5カップ)
・にんにくのみじん切り      1片分
・鷹の爪             1/2本
・オリーブオイル         大さじ1
・塩、胡椒            適宜

<作り方>
1 フライパンに火をかける前(冷たい状態)にオリーブオイル、にんにく
  鷹の爪を入れて弱火にかける。
2 にんにくがきつね色になるまで焦がさないようにオイルに香りをつける。
3 豆を入れてにんにくオイルと絡め、味を見て塩胡椒をする。

<ポイント>
・茹で枝豆を食べながら、豆を取り分けておくとあとは炒めるだけです。
・写真は綺麗な緑色の豆ですが、薄皮がとれただけです。
 見た目重視なら薄皮をとりましょう。
 そうでなければ、薄皮がついたままで食べましょう。

莢ごと炒めても美味しい

よくお店でガーリック枝豆を食べることがありますが
作り方は莢のまま炒めるだけで材料は同じです。
莢のままで炒めると作る方はとても楽なのですが
食べる方は手が大変なことになるので
どちらかを重視すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?今回はファームの裏技ご紹介致しました。
是非、「畑の真ん中で莢ごとカット」からトライしてみてくださいね。

野菜ソムリエ&フードコーディネーター 橋場朋美
HP:http://www.tomomi-enishi.com/

写真:橋場朋美

橋場朋美さんのブログ

http://www.tomomi-enishi.com/archives/224